食事の代わりにサプリメント

最近では子供にサプリメントを飲ませている親もいるようです。

サプリメント先進国であるアメリカでは、
なんと30%もの子供が、サプリメントを飲んだことがあるそうです。

日本でも、子供の好き嫌いが多い為、サプリメントで栄養を摂取させてるという
親が存在するのが現状です。

正直、医学的な観点では、子供のサプリメント摂取は望ましくありません。

サプリメントは、まず間違いなくほぼ全ての製品に添加物が入っています。

毎日続けるのであれば安いのを選びがちですが、
安いものほど添加物が多いのが特徴です。

その為、サプリメントの摂取は肝臓に負担をかけ
老化を早めてしまうのです。

成長ホルモンの分泌がさかんな、子供の頃から飲み続けていると
ホルモンバランスが崩れたり、
肝臓が弱る速度が早まるなどの弊害が出てくるのです。

その為、食事の代わりにサプリメントをのむようなことは推奨できません。

また、サプリメントは、栄養素がたくさん入っているように思えますが、
その吸収率は食事に比べたら圧倒的に悪く、
ほとんどが排出されているとまで言われています。

今ではメーカーが、より吸収率が上がるよう加工方に力を入れていますが、
それでも食事には敵わないのが現状です。

アミノサプリって何なの?